地域別心霊カテゴリー

2013年3月5日火曜日

百足


633 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/06 20:20:00
おとついの夜、寝ていたらムカデに噛まれた。
ショックだった。
ムカデという、最低な存在に、私の大切にしている脚が汚されたことがショックだった。
あまりの痛さに目を見開き、障子のほうを見た。
したら、恐ろしいことが起こっていた。
子供ぐらいの大きさの手の平が、障子から突き出ていた。
ショックだった。

私は父に、ムカデを川に捨てさせた。
この腹立たしくも恐怖な体験から2日が過ぎようとしている。
私は眠りを蝕まれている。

ムカデは「百足」というぐらい手足の多い昆虫で、障子から突き出していた手は
片手しかなかった。
何かの手の病気で苦しんだ人の仕業なのだろうか。
わたくしの美しく長い手足を妬んでのことであろう。
ここでご冥福をお祈りいたします、もう解放して下さい。
本当にお願いします。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

0 件のコメント:

コメントを投稿