地域別心霊カテゴリー

2013年3月1日金曜日

トラウマになりそうなマンガ


403 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/16 01:24:00
「いじわるばあさん」がエグイです。
現実にあったらかなりヤバイネタとかも結構ある。

でも憎めないんだよなあ。



404 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/16 02:25:00
去年池袋の駅前でちょんまげ&作務衣の日野日出志みたよ。
ほんとにあのままのカッコだったからしばし( ゚д゚)ポカーン。

トラウマになったのは実録モノで気に入っていた人形に飽き
つるしちゃえー、とアタマに紐を通して吊るしていたらなんか
十字架に見えるし人形は目が釣り上がるしキモ。
そのうち母親がアタマが引っ張られるような激痛に襲われるようになり
あの人形のせいだ!!と思った時は手後れで気味悪いからと
捨てられた後。

母は未だに頭痛になやんでます、みたいなネタですが、
その人形がどうみてもネズミの国の王様で妙に目に残るのですよ。。




419 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/20 01:17:00
>>404
それ覚えてるかも。。
主人公の女の子がプレゼントでミッキーマウスのぬいぐるみをもらって、
最初はすごい大切にするんだけどよくみたらあんまりかわいくないし、かさばるし…
てことで、邪魔にならないようにつるしちゃえーってなかんじで頭に紐つけてつるしちゃうのね。
そしたらそのぬいぐるみのたたりで、家族がそのぬいぐるみと同じ状態になっちゃう。
ぬいぐるみが頭をつるされたら母親が頭痛をうったえる、ぬいぐるみの足がねじれてたら
父親が足首を怪我する…など。

うろ覚えスマソ。でもあれ結構怖かったなぁ。今思い出してちょっと鬱




405 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/16 08:07:00
>>404
>その人形がどうみてもネズミの国の王様で妙に目に残るのですよ。。
の、「ネズミの国の王様」が判らないので教えてくだされ。




409 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/17 15:27:00
>>404
あ、それ覚えてる…後味悪かったなぁ。

>>405
身っきーまうすでつ。




407 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/17 01:14:00
山岸涼子の
汐の声、今日読みました。
何が怖いのかトラウマなのかまったく理解不能です。
ふつーのちょっとコワマンガ?
自分にとってはちっとも怖くなく、
他の山岸涼子マンガのほうがずっと怖い。
汐の声がこのスレでここまでもてはやされるわけは????
誰か教えてください。今も読み返すけど、????です。




420 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/20 02:37:00
>>407
ここでの「汐の声」支持は主人公の霊感少女の
「私はこのまま一人では何もできない、大人でも子供でもない半端者になってしまうのかも・・・」
という不安が、ヒキコモリ的心性と波長が合うからではないか・・・とか思う。
なんというか、他人事ではないっつーか身につまされるっつーか。
「おまえ は わたし だ」

元ネタの「山荘綺譚」主人公をボロクソにいえるスティーブン・キングや
「汐の声」が怖くない407さんが、正直、うらやましい。




410 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/17 20:32:00
亡くなった祖母が独身寮で寮母をしていたので
寮生の読み終わった漫画雑誌をミシン(手動)のある暗い部屋に
取っておいてくれていた。
絵本として?遊びに行ったとき読んだ。
楳図センセイの「まことちゃん」がわりと読みやすかった。
漏れは幼稚園だったから、美香姉ちゃんやママリンの顔が怖い時もあった。
(寮生はサ○デー派だったようです)。

んで、当時怖かったのは忘れもしない「サバイバル」。
内容も絵も怖かった。トラウマになったかも。
ジャングルとか食べる物がないというのは5歳児には恐怖だった。
ミシンのある部屋の薄暗さも懐かしコワイ。



411 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[age] : 投稿日:2003/02/19 14:33:00
機動戦士ガンダムSEEDははだしのゲンのパクリです。
まず冒頭の血のバレンタイン事件で連合による核攻撃での犠牲者数
24万というのが当時の広島市の人口を連想させる。
フレイのコーディネイター差別はゲンでの朝鮮人差別そのまま
であり、キラの豹変はゲンの朴さんへのオマージュです。証拠によく泣く。
また水を探す過程で大量殺戮の犠牲者の遺体を目撃するシーンは、
ゲンの作中でも非常に酷似した場面が存在します。
そして、さんざん主人公をいじめたイザークとディアッカが勝手に
地球の重力に引きずり込まれるエピソードは、ゲンに登場する
意地悪ババアが肥溜めにはまる場面そのままにしか見えない。

というわけで、
福田監督のゲンオタの域を踏み越えた行為に唖然とするばかりだ。



416 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/19 22:40:00
高階良子の漫画。文庫出て揃えた。死体の寄せ集めで作った死体に、脳移植して…タイトルど忘れ。影響されて江戸川乱歩とか読むようになった。



418 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/19 22:58:00
>>416
はじめて買った漫画がそれだった。
地獄でメスがひかる、だったっけ?





423 : 416[] : 投稿日:2003/02/20 11:20:00
>418。そうそう!高階作品ではあれが一番だな。虎馬なのか今じゃ病院勤務だし。




422 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/20 10:48:00
ねこぢるの2巻だったかな?「かぶとむし」とかいう話。
ねこ姉弟のおとうとの方が、イヌに手をくいちぎられて血がダーラダラ
出ながらぼーっとかぶとむしを探しに外へ。
でもなんだか変。見つけたかぶとむしも体半分でモゾモゾしてるし。
お寺の鐘がどこかでゴーンと鳴った。気がついたらまっ暗な賽の河原にたったひとり。  


  
425 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/20 12:02:00
ミキー人形の話は話自体はわりとよくあるパターンだよね。
個人的にはその人形がミキーってあたりが一番怖い
よかったね、ディズニーに見つからなくて…



430 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[age] : 投稿日:2003/02/23 15:55:00
知ってるつもり「藤子・F・不二雄」
『人気漫画「ドラえもん」の作者には知られざる裏の顔があった。明るい
少年向け漫画を描く陰で、密かに出し続けた「SF短篇」なる謎の作品集。
彼が人生をかけて追い続けたテーマとは何か』

関口某「『SF短篇集』か・・・こんなものも出していたんですね」
出演者A(アイドル)「こんな作品全然知らなかったあ。ちょっとショック~」
出演者B(評論家)「我々のような一部の人間しか知らないわけですよ。こういうのは。
でも本当はこういう暗い話をこそ描きたかったんじゃないかな。彼は本質的に子供嫌い
だったと思うな。」
ゲスト安孫子先生「いや、そういうのとはちょっと違うかと・・・」
出演者C(俳優)「暗いよね。こんなの出たらイメージダウンだよね(笑)」
出演者A(アイドル)「わたし、ドラえもん好きだったのに~。最悪~」
関口某「彼自身、児童漫画に辟易していたんでしょうね。きっと。で、こういう
暗い作品をこっそり描いて憂さ晴らしをしていたんではないかと」
一同「あ~~」
ゲスト安孫子先生「いや、だから違うんですって・・・」
関口某「では彼のメッセージで終わりたいと思います」
ゲスト安孫子先生「あの、ちょっと・・・・」

ナレーション
「その最期の時まで机に向かい、明るい児童漫画を描きつづけた藤子・F・不二雄。しかし、
この短篇集こそが彼の本当の顔ではなかったのでしょうか。暗い人生、嫌な選択、そして破滅
世界を憎み、児童漫画を忌々しく思い、一番嫌悪していたのはむしろ彼自身だったのかもしれません。
彼は作品の中でこんな言葉を残しています。
『わしらの席はもうどこにもないのさ』by藤子・F・不二雄」



433 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/24 10:43:00
小学生の頃読んだ山岸涼子の「ゆうれい談」がトラウマでした。
特に顔に手ぬぐい巻いた幽霊の話。
最近オクで手に入れて読んでみたら懐かしかったけど
そんなに怖くは感じなかった。
で、小学生の娘に読ませてみたら、見事にやられてます(;´Д`)。
夜一人でトイレに行けなくなってしまったようだ…。



436 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/24 21:38:00
昔、歯医者で『ひとりぼっちの宇宙戦争』を読んで、
話の小気味よさに打ち震えたんだけれどなぁ。
10数年経った今でも、あの震えが忘れられない。

藤子は、フラッシュじゃなくエースの方がトラウマ率高いだろ。



437 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/25 03:55:00
>>436
ハッピーエンドも意外に多いしね。何よりキャラクターが戸惑いながらも
問題を解決しようと奮闘するので、結末が暗くても後味は良い。例えば「ノスタル爺」とか・・・



442 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/25 21:34:00
「魔人」だっけ?2巻で打ち切られた猟奇っぽいマンガ。
どこ連載だったとか詳細キボン



443 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/25 23:26:00
大グレートの?週間少年マガジン&少年マガジンスペシャルと
なっている.



446 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/27 14:13:00
もう20年くらい前だが、どっかの保養所においてあった漫画。
今思い出すとしょうもない話だが、当時は子供だったので怖かった。

ある日、主人公が何かのガスか光をあびたあと、気が付くと
自分の周りの人たちが突然宇宙人のような異形のものにかわってしまった。
普通の姿である主人公は周り中にひどい目にあわされながら逃げ惑う。

逃げているうちに、怪物たちによって標本にされ、カプセルに入れられて
いる自分の姉を含む人々を見つけてさらにショックを受ける。

途中で、自分と同じ、まともな姿をした女の子を発見し、ともに逃げるが、
最後には二人とも怪物たちに殴り殺されてしまう。

しかし、実は、異形のもの変わっていたのは彼ら二人であり、また標本に
されていた人たちであった。何かに侵されて視神経に変化が及んで
いたため、変化している自分たちは普通の姿に、普通の姿であるはずの
他の人々が異形の姿に見えてしまっていたのであった。



447 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/27 14:30:00
15年ほど前、カレーのボンディがあるところの漫画やさんにて。
高度経済成長期で、公害大国であったときに描かれたと思われる漫画。

不妊に悩む人たちに、画期的な薬ができた。それを注射すれば、
今までどんな不妊に悩んでいた人でも、必ず子供が授かるのだ。
ただし、一般には知らされていないが、その原料はヘドロだった。

ある夫婦がその薬を使って子供を授かった。玉のようなかわいい子だ。
しかし、その子は、新鮮なミルクを飲ませようとすると拒絶反応を
起こし、吐いてしまう。このままでは赤ちゃんが死んでしまうと、
パニックになりそうな妻。そんなある日、赤ちゃんは腐った生ゴミを
食べて嬉々としているのを見て、驚いてそれをとりあげる。
…しかし…。

帰宅して、すごい臭いに驚く夫。妻は、腐らせたヘドロのような食物を
赤ん坊にスプーンで与えているのだ。「なにをしているんだ!」
「この子は、腐ったものでないと体が受け付けないのよ!新鮮な食物は
この子にとっては毒なのよ!」…

うげー、と思って立ち読みだけして買わなかったが、今思えば
買っておけばよかったな。



448 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/27 15:39:00
トラウマになった名前の分からないマンガがあるんですが、変にリアルな絵で
ブタを棒で殴り殺すシーンのあるマンガを知りませんか?
ブタは2コマで殺されました。



449 : 刺身[] : 投稿日:2003/02/27 23:41:00
>>448 日野日出志の「地獄変」かな?
確認したら3コマで絶命。リアルな絵じゃないけど。
この漫画、主人公の父が子供の頃に、丁稚奉公先でゲロ喰わされるんだけど、
そのシーンがトラウマ。



454 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[ ] : 投稿日:2003/03/03 22:11:00
ビレッジバンガードに売ってるホラー漫画。
魚介類に足が生えて陸に上がってきて変な病気を人間に感染させる漫画なんだけど、
読んだその日は魚が食えんかった。おえっ




462 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/03/05 14:54:00
>>454
伊藤潤二の「ギョ」だね。
ガスで膨張した人間が機会の足みたいなのに乗せられてるのがキモイ。




459 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/05 01:44:00
菊川近子・・・だったと思う。題名は忘れました。
内容もあんまり覚えてないんだけど、
とにかく幽霊が出てきて恐怖の一夜を過ごして・…
朝日が窓から差し込む。
ああ、やっと朝だ、終わったんだ・・・!
と主人公がマンションかなんかのベランダから外に出ると、
イキナリ、ベランダの下からその幽霊が、んばあああッ~~~!!!
と出てきて、もう、たまげた。
主人公と同じく、今まで散々ビビリまくってて、やっとエンディングかと
すっかり安心しきっていただけに、見開きにど~んと出てきた
アレは強烈だった。



461 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[age] : 投稿日:2003/03/05 01:52:00
たしかホラー系の少女漫画で
ゲーム機と融合した少年と蝶と融合した少女が出てくるもので
融合した少女が羽化して羽を乾かさずに飛ぼうとして落ちて真だ
っていう感じの漫画しりませんか?
読みきりか続き物かはワカリマセン
誰かしってますか?



466 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/03/06 17:07:00
ガイシュツかもしれないけど、「百眼鬼」と「失われた旋律」
百眼鬼はラストシーンが、失われた旋律は骸骨みたいな子どもが
いつまでたってもトラウマだ。



467 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/07 05:01:00
ガイシュツかもしれないけど美内すずえ(ガラスの仮面描いてる人)の「妖鬼妃伝」と「黒百合の系図」はかなり恐い。「妖鬼妃伝」消防ん時読んで地下鉄に乗れなくなったょ。



468 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/07 05:07:00
日野日出志の「蔵六の奇病」はエグイでつ。あとこのタイトルで昔、某バンドがアルバム出しますたがしょっぱなからゲロを吐く音とかおえつが5分程・・・その後は何故か拍手が。



469 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/03/07 09:53:00
>>468
凄い凄いって評判きいてたんで、
実際見たとき「こんなもんか」って思っちゃった<蔵六の奇病
やっぱり、過度な期待は何事にもプラスにはたらかないもんだねえ



471 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/07 22:28:00
ガイシュツだったらゴメン。永井剛の短編。
キレーなねいちゃんが田舎の過疎の村に嫁にくるの。
村をあげて歓迎されてここならうまくやってけそうだわなんて思う。
しかし夜中にフンドシ一丁に鬼の面した男に襲われる。
必死に抵抗してるうちに面がはずれると正体は夫。
いったいどうして!?と嫁はビビる。
そこにこれまたフンドシに面姿の男がわんさかやってくる。
女の少ないこの村では嫁にきた女を村の男みんなで共有するしきたりがあり
何も知らずに嫁に来たこのねいちゃんも村中の男に輪姦される運命という話。
かなりブルーになりますた。



474 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/03/07 23:16:00
5,6年前だと思うけど、立ち読みしてた雑誌の短編で
女の子がにきびをつぶしていたら、でてくる皮脂が
止まらなくなって、体中の体液(内臓もか?)がでて
死んでしまう話。
にきびつぶすの好きだったが、しばらくつぶせなかった。



475 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/07 23:33:00
凄ノ王伝説

それまで明るい少年漫画しかみてなかったので、
まさかヒロインがあんなことになるとは・・・

しかも未完だし。



476 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/03/08 03:42:00
なんだっけ。なんか少女漫画。わたしのオカンが購読してた雑誌に載ってました
太った女子高生がイケメンにお弁当作ってあげてて、それが美味しいっていうのを
聞いて、主人公の女の子が太ったコの家にお弁当のコツを教わりに行くんだけど
実は太ったコは弁当の材料に自分の肉と血を使ってたってやつ。
最後太ってたコは骨と皮ぐらいに痩せて、代わりにイケメンの方がデブになって
「弁当早くよこせ!」「はい、たくさん食べてね……!」END。
ニタニタしながら自分の腹から肉を切り取る女がトラウマ。
「私 太ってるせいかあまり痛みを感じないのよ」じゃねぇよ。・゚・(ノД`)・゚・。



479 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/09 17:55:00
子供の頃、親戚一同で海に行ったときに、泊まった民宿に置いてあったマンガがトラウマ…

他に「まことちゃん」が掲載されていたので、ジャンプとかサンデーとかそういう類の雑誌だったんだけど、
その中に、読みきりみたいな感じで載ってたのね。

内容は、食糧不足の日本のお話で、とにかく食べ物が無いの。
で、人肉とか食べちゃう。肉やさんで、アイドルの人肉が売ってて、みんな殺到してる。
主人公は子供で、その子供の友達も親に食べられちゃったりしてる。
別の友達の家に遊びに行くと、ご飯を出してくれるんだけど、
お茶碗をうつぶせにした状態の、底の部分にお米がよそってあって、おかずはタクアンのみ。

で、自分も食べられちゃうかもなー と思いながら、その子が家に帰ると、
お父さんが道で待ってて、「今日のご飯はトンカツだよ」って言うの。
「人肉じゃない、ちゃんとしたトンカツだよ」って。
で、その子は大喜びしてお父さんと家路につく、という終わりだったと思う。
なぜ、トンカツが手に入ったかは不明。変な終わりだけど、かなりトラウマ。
民宿には1泊しかしなかったのに、鮮明に覚えてます。

絵の雰囲気は、リアルな感じじゃなくて、
どっちかっていうとダメおやじ系のギャグっぽい雰囲気でした。

もう一度読んでみたいけど、誰の作品だったか知ってる人いますか??



482 : 鍍金[] : 投稿日:2003/03/09 21:42:00
サイコ 超能力探偵(?)がトラウマ。
友達の家で読んでまった。
異常犯罪者が女をさらい、さらった女の脳を生きたまま露出し、その脳に
花を植えてた…。
他にもいろいろグロが出てきて…。
読んでると頭がクラクラしてきます。



483 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/09 21:46:00
30年ぐらいすごい昔古本屋で見た単行本で鳥(ふくろう系)に
目をつつかれる女の子の話。詳しくは忘れちゃったけど、とにかく
恐くって今でも覚えてる。知らないよね・・。



486 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/09 22:42:00
梅図作品の「怪」シリーズは友人宅で読んでから今でも
脳裏に焼き付いてます。
そのほか、作者は忘れたけど「少女エクソシスト」という
タイトルで、姉弟に霊が取りつく話。小学生の時に読んだ
のでトラウマに。。ヘビをむしって食べたり、カラスが
和尚さんの目をえぐったり。。なんとか除霊したものの、
結局次は両親にとりついて。。。その後は知りません。あー。
その作者は他にも霊がとりつくシリーズやってた。



487 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/09 22:54:00
手塚治虫のね、なんか宇宙船が遭難?するやつで、
いろんな星の人が探検するんだけど、
その中の一人の宇宙人の人が、自分の体を食べて生き延びるんだけど、
他の隊員にも、食べろ、って言って、腕とか食べさせるの。
で、最後は死んじゃうんだけど、でも、いろんなとこ食べて、ボコボコになりながら、歩いてる姿が結構トラウマ。

でも、その宇宙人の人は、ちょっとかわいいクマちゃんみたいなのです。

頭悪くて、こんな文章でごめんなさいー
でも、なんてマンガだったかな? きっと有名な人だから有名なマンガなのでしょう。




492 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/10 02:20:00
>>487
タイトル忘れたけど、それ読んだこと有る
たしか一話完結の話だった
自分の肉を食べさせる宇宙人の他に
自分の体液(水分)を飲ませる植物系宇宙人もいた
疑心暗鬼になって、争う地球人と違って
宇宙人達は助け合うってテーマで描かれた作品って感じ
他にテレパシー能力の有る宇宙人とか
気候を解る宇宙人とかも居た
最後は一番弱々しかった昆虫系宇宙人が脱皮して
羽化して助けを呼びに行った所でendだったと思う




489 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/09 23:12:00
もう20年近く前になるかな?
たしかコロコロかボンボンに連載していた漫画化で、
夏に出た別冊コロコロコミック(或いはボンボン)に
掲載された話。

主人公(女)とその同級生が旅行にいくんだけど、
途中で蛙を踏み潰した。それは気にせずに旅行を続け、
宿泊先(迷った先に入った空家?)で同級生達が
どんどん殺されていって最後は・・・って話。
最後につぶされた蛙の声で笑っているのが印象的だった。

一番インパクトがあったのが、
ほぼ全員殺されて主人公の女1人だけになり、おびえてるところに
仲のいい男(彼?)がドアをあけて顔を出して
「ああ、彼は助かったんだ」って感じになるんだけど、
それは切り落とした男の首をドア越しにぶら下げた
犯人のお茶目だった・・・
って箇所。

今ではありふれた話だけど、当時まっとうな
子供向け漫画を連載していた人が
こんな絵書いていいの? みたいな感動と恐怖があった。

誰か知りませんかね~。もう一度みたいな~。



499 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/03/10 03:33:00
ドラえもんの、人間製造器??
マッチとか身近な材料で赤ん坊をつくるんだけど
生み出された赤ん坊が超能力使えるの。「未来では
それがもとに大変なことが起きた」とドラえもん。
怖いよ。

ドラえもんって怖い話もいくつかあるよね。心理を突いて
くる作品とか。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

0 件のコメント:

コメントを投稿