地域別心霊カテゴリー

2013年1月24日木曜日

肌色の物体


277 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/27 18:10:00
小学生の頃に住んでいた所には、家から歩いて15分くらいの所にすごく大きな墓園があり、
近所の子供たちの格好の遊び場所になっていて、みんなでよくそこで遊んでいました。

で、ある日、友達と2人で遊んでいると、お墓が立っている横の空き地の所に、
何か肌色の物体が半分土に埋まっているのを見つけました。
好奇心に駆られて近づいてみると、
それはお肉屋さんなどでぶら下げられている肉の塊のように見えました。
肌色なんだけど、なんか紫っぽいっていうか、毛細血管が見えるっていうか・・・。
大きさや形状は大人の男の人の腹部みたいな感じでした。
半分は肌色で、もう半分は赤くてグチャグチャドロドロした状態で埋まっていました。
赤い部分はものすごく綺麗な朱色をしていました。
友達が棒で突付いて「ゲー、グチャグチャ、気持ち悪ィ!」と言ったのを合図に、
恐怖が極限に達してみんなで叫んで逃げ出しました。

家に帰ってから母親に、墓園で変なものを見た! 死体かもしれない!と訴えたのですが、
取り合ってもらえず、死体ハケーン!なんて騒ぎになったらどうしよう?なんていう俺の心配をよそに
その後何の騒ぎも町は平穏そのものでした。
ちなみに、ものすごく怖かったので、変なものを見た以降はみんな墓園で遊ばないようになりました。

で、あれから10年以上経ったんだけど、今思い返してみてある事に気付きました。
俺はずっとあれは何か死体で、赤いのは血だと信じていたんだけど、
血ってすぐ固まるし色が黒ずみますよね? 
あんなにドロドログチョグチョのままで、しかもあんなに綺麗な朱色って事はありえない・・・。

そう思うと、あれが何だったのか余計分からなくなってしまいました。
何だったんだろ??
当時の一緒だったみんなは覚えてるかな?
中学に上がる前に引っ越してしまったから、確認できないのが残念です。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

0 件のコメント:

コメントを投稿