地域別心霊カテゴリー

2013年1月27日日曜日

清滝の廃ロープウェイ駅


102 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2002/09/28 04:23:00
清滝の廃ロープウェイ駅知ってるかえ~



103 : 84[] : 投稿日:2002/09/28 13:43:00
え?
話し方きつい?^^;
清滝の廃ロープウェイ駅は知らない!
何処??興味アリマス



104 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/09/28 14:57:00
>>103
トンネル出たとこの現在はバスの転回所になっているところがそうだと聞いた事あります
昔は、あのトンネルに向かう道そのものが線路だったらしいよ
愛宕山の登山口の近くにある集落に昔住んでいた人が言っていたから真実ぽい
おまけに「清滝トンネル」自体が昔は電車しか通れないトンネルだったらしい
そやから奥の集落に住んでる人達は
トンネルの上にある山道を通って行き来していたそうですよ

ちなみに俺、トンネルの入り口付近で心霊体験有り
信用してくれるならその時の体験談書くけど・・



105 : 84[] : 投稿日:2002/09/28 15:06:00
おー!
清滝にそんな逸話が…!!
ではその昔に誰かが住んでいたと言われる清滝の奥の集落跡もおもしろそうですね^^
心霊体験ですか?
私は何度か行っても無いですけどどぞ!^▽^



106 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/09/28 15:40:00
でわでわ・・

今からもう十年程前の話なのですが
当時はよく単車とか車に乗って「肝試し」とか彼女とのデートによく清滝トンネルに行ってたんですよ
当時でも「心霊現象」の噂は耳にしていたのですが、全然信じていませんでした・・
その日も彼女を助手席に乗せて、ドライブがてら「清滝トンネル」に向かいました
トンネル手前でちょうど信号が赤だったので車を停止して、変わるのを待っていたのですが・・



107 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/09/28 15:49:00
続き

車を停止するとちょうど助手席の窓の外は藪になっているでしょ?
ちょうどその藪の中から何かが(目には見えず、気配のようなモノ)突然現れて
信号待ちしている僕の車の前を横切るようにしてトンネルの中に滑り込むようにして入って行ったのです
少々表現不足で心苦しいのですが・・本当に「あぁ」も「すぅ」も言う間も無く一瞬の出来事でした
「見えてはいない」のに「なんかおった!」という感覚がびんびんしたのです
そして正面のトンネルの中に視線を移すと・・



108 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/09/28 15:59:00
更に続き

あのトンネルって中がカーブしているから途中から壁しか見えないでしょ?
ちょうどその見える限界の辺りの壁に視線が移った瞬間でした・・
「うわっ、こっち見てるわ」
一瞬でそう思いました・・
「女の人が立ってる」とかそんなんじゃありません・・
なんにも見えないんです・・それなのに思いっきり視線を感じるんです・・
「見えない何者か」と目が会っているのです・・



109 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/09/28 16:13:00
まだまだ続く

全身総毛立ちました・・
「怖い」とかいう感覚を通り越してましたね・・
よくテレビの心霊特集なんかで霊能者が外国の古城とかに行って「私はこの部屋には入れません!」って言うのがあるでしょ?
見ていたときは「アホか」と思っていたのですが、まさにそれと同じ心境になったんですよ!
トンネルに入る入らんなんて論外・・「一刻も早くこの場から立ち去らんと!」という思いだけでした!
とりあえず助手席の彼女に「ちょっと・・今から何も喋るなよ・・」とだけ言って車を方向転換させようとしました
当時僕はハイラックスサーフに乗っていて、あの車は四駆の特性上小回りが効かないんですよ
狭い道いっぱいいっぱいまでフロントを寄せて、ちょうど車体が真横を向いたときヘッドランプに照らされたのは・・



110 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/09/28 16:36:00
お地蔵さんでした
彼女の手前、冷静を装っていたのですがもう半狂乱モンでしたね・・マジで
「清滝トンネル」に行かれた方なら知ってると思うのですが
あそこの入り口付近にはお地蔵さんが二つあるでしょ?
一つは昔からある古いヤツ、もう一つは結構最近になって奉られた新しいヤツ・・
その内の新しい方が目の前にどーんとヘッドランプに照らされて浮かび上がっていたんですよ
後はひたすら無言で逃げ帰ったのですが、今これを打ち込んでる瞬間でも思い出して鳥肌が立っています・・

嘘か本当かはしりませんが
あそこのトンネルの上の山道で、若い女の子が拉致られてきて輪姦されたそうですね
そして車から降ろされて(いわゆる「捨てられて」)しまい発作的に近くの木で首を吊ったそうです
それ以来、カップルが面白半分で「肝試し」なんかに来ると
「どうして私だけがこんな酷いめにあわなくてはいけないの~」てな感じで出てくるようになったとか・・
新しい方のお地蔵さんは、そんな可愛そうな女の子の霊を慰める為に奉られたそうですね

御清聴ありがとうございました・・









幸せなあなたが うらめしい・・

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

0 件のコメント:

コメントを投稿