地域別心霊カテゴリー

2013年1月16日水曜日

デニー○の店長をやってた友人の話


212 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/16 01:13:00
俺は今年厄年のジジイですが、デニー○の店長をやってた友人の話をひとつ。

俺の友人は、大学のバイト君からそのままデニー○へ就職して店長をしてた。
店名は秘す。もう14年前だから、まだその店があるかどうかも分からないし。

で、友人には全く見えなかったんだけど、バイトの女の子たちが言うには、
深夜シフトで入ると、真夜中から夜明けまで店の一番奥のボックスに、
陰気な顔をした若い女の幽霊がずーっと居座ってるんだと。
ただ居るだけで、何もしないし害もないんで、深夜で客も少ないから、お客
は全部奥のボックスから離して案内し、近寄らないようにしてたんだってさ。
ただ、中には案内を無視して奥のボックスに勝手に座る客もいるので、
そんな場合はどうなるかと言うと、客の膝の上に幽霊がお座りしたように
見えたそうだ(もちろん客は全く分からない)。
そんな訳で、深夜シフトに入ってくれる女の子が全員辞めちゃって、友人は
ローテ組むのにとても苦労してました。結局深夜は全部男だけになっちゃって、
夜は全然味気ないファミレスになっちまったって(笑)。

まあ中には男で霊感のあるバイト君もいたので、友人がどんな様子か訊いたら、
「ああ、店長、確かにいますよ。でも彼女は単に居心地が良くて、奥のボックス
にいるみたいです。僕は最近ここに来たので良く分からないけれど、どうやら
この店が出来た頃の常連さんだったみたいですね。別にお店に恨みとかもない
ようですし、悪さもしないから出来れば放って置いて欲しいって言ってます」
との事だったので、結局「幽霊がいる話は、他の従業員に絶対しないでくれ」
って頼んで、特にお払いとかもしなかったし、本部にも報告しなかったそうです。

つまらない長文ですみませんでした。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

0 件のコメント:

コメントを投稿