地域別心霊カテゴリー

2012年12月1日土曜日

「姉さん」


17 : (@'ω'@) ◆9EROlg8skM [] : 投稿日:2003/04/10 00:47:00
これは新聞で乗った話とか何とか・・・・

ある仲のいい姉弟がいた
でも、家は貧乏で父親の収入で何とかやっていける・・・そんな家だった
だがあるとき、父親が事故(もしくは病気)で死んでしまった
それを追うように母親が自殺してしまった
姉弟はちいさなアパートで二人で暮らしていかなければならなくなった
弟が小学生、姉が中学生、雇ってもらえるところはどこにもない
だんだん、二人とも衰弱していき、ついに姉が倒れてしまった
弟は必死で看病を続けたが姉は帰らぬ人となった
それから弟は何をするでもなく、死んでしまった姉の横に寄り添うように寝ていた
姉の死体がだんだんと腐っていき、弟も死んでしまった



18 : (@'ω'@) ◆9EROlg8skM [] : 投稿日:2003/04/10 00:48:00
それから何十日もたったあとで、近所の住人から「異臭がする」という通報があり、二人の死体が発見された
警察が来て、現場を検証する
それが終わると、部屋にある荷物などを処分する作業がある
そして、掃除
その掃除のときに一人の青年が何かにきずいた
「すいません、この赤いしみ何なんですかね」
「うん?」
「ここなんですけど」
そこは姉と弟が眠りについた場所の壁
「なんだこりゃ」
「あっ!!」
「なんだよ」
「これ、文字ですよ」
そこには赤いしみでこう書いてあった

「姉さん」

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ