地域別心霊カテゴリー

2012年12月7日金曜日

車に関係した怖い話


41 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/01/18 03:16:00
車に関係した怖い話は多いですよね。
でも、密閉した空間と一人だけの時間は私は好きです。
多少怖いことがあろうとも。
霊感が強いということは、車を運転していても感じます。
飛び出した子供を轢いたと思って、慌てて車を止めて確認しても
誰もいなかったこと。(確かになにかの物に乗り上げた感触があったのに)
誰も歩いていない郊外の横断歩道をきちんと停車して友人にあき
られたこと。(私には子連れの親子が見えた)
あまりにもそんな経験が多いので、どれが本物の人間かわからない
事もあります。とにかく私は人影が見えたら(霊と思っても)停車
するようにしています。本物を轢いたら大変ですから。
霊と言うと特別な存在のように思われますが、霊感の強い者にとって
は道端に座っている人がすーと消えることはよくあるんです。
振り返ったらいないとか。逆に一瞬で後ろにいるとか。
一番怖かったのは噂のトンネルを通った時に、霊を連れてきてしまったこと。
昼間の2時頃だったので大丈夫と思ったのですが、通過したとたんに
車内に冷風が吹いたのです。これはまずいと思い、すぐ車を止めて外に出ました。
振り向きざまに笑った口だけが見えました。
かなりの人数がいたと思います。
ひとつやふたつではありませんでした。
ドアを全開にし、清め塩と数珠を出して簡単なお清めをしました。
(塩と数珠は私の必需品です)
幸いにもすぐに冷気はなくなり、事なきを得ました。
気を付けましょう。彼らに同情してはいけません。
彼らは道連れを求めています。
みなさんが事故を起こすことを。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ