地域別心霊カテゴリー

2012年12月5日水曜日

血だらけで立つ野球帽の少年

169 : ,[] : 投稿日:2003/02/15 21:07:00
友人Dが中学生だった頃ですから20年以上前の話です。
Dが小学校から一緒だった親友が死にました。
トラックに轢かれたのです。
その体は内臓がはみ出し血だらけで悲惨な状態であったそうです。
ちょうどその日は、Dがその亡くなった親友と草野球をしようと誘った日でした。
自転車にグローブを積み 頭に野球帽をかぶり待ち合わせのグランドに行く途中にその悲劇に
あったのです。
急を聞いて現場にかけついたDと野球仲間の4名はDの悲惨に死に怒りを覚えました。
一番頭にきたのは 轢いた犯人がそのまま逃げてしまったという事です。
絶対につかまえてやる。
Dと仲間は心に誓いました。
そして、犯人に後悔させるために野球帽、自転車、グローブという扮装で事故現場で立ち続けた
のです。仲間は7人集まりましたので、交代で立ち続けたそうです。
すると段々噂となり、ついに後悔の念に達した犯人が自首したそうです。
後日、刑事さんがDの自宅にきてこう言ったそうです。
「よくやったな-迫真の演技だったらしいな」
「いやーそうでもないです」
「おかげで犯人の奴はノイローゼ気味だよ」
「はあ-」
「よく血のりまでつかってやったな」
「血のり?」
「全身血だらけのかっこうで立ってたんだろう」
「いえ血のりまでは-」
「おかしいな-犯人は血だらけで立つ野球帽の少年を見て、怖くなって自首したらしいのだが」


  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ