地域別心霊カテゴリー

2012年12月27日木曜日

ゲーム制作で起こった奇妙な話


26 : はぎょろも ◆QUZn1XtA3g [] : 投稿日:2003/02/18 03:19:00
  Y____Y
↑(゚ д ゚) えー、元業界人なもんで・・・聞いたことのある話しをいくつか・・・。

ハ○パーオ○ンピ○クって知ってます? 随分昔のゲームなんだが、ボタン連打
するスポーツゲー。これのスタッフって全員死んでるという噂がある。
何年も掛かって、段々と死んでいったらしいが理由は分からん。
過労死が多いゲーム業界でも流石にチーム全滅は珍しいので、噂になった
ことがある。

メガテンはいろんな噂が出るようだけど、実際には怪談話は余り聞かないね。
前に元メガテンのスタッフが漏れのアシスタントだったことがあるけど、
オカルトな話は聞かなかった。
まあ、敢えていうなら、真メガテンのパラメータ作ってた会社の社長が
(あれって数値データは下請けだった)お香焚いたり、妙な言動吐いたり
して、かなりムーな感じだったらしい。
その妙な社長のせいと、ゲーム内容のせいで、なんとなくメガテン=オカルトと
いうイメージが定着したと思われ。

アトラスと言えば、『牛丼刑』というものがあった。
今の社屋じゃなくて、昔のアトラスの社屋は一階が牛丼屋だったらしい。
そのためかどかは知らんが、出荷後に致命的なバグ出したプログラマーは
半年間牛丼のみで暮らさなくてはならない、という社内処分があったそうだ。
三食すべてを牛丼で統一しなくちゃならんのだ。
実際に、『牛丼刑』に処せられたヤシは一ヶ月もしないうちに泣きがはいるとか。
これは、アシに聞いた話。

まあ、ゲーム業界には全裸でコンビに買い物にいってケツの穴をスタッフに見せて
まわる某社長(男)が居たりとか、存在そのものがかなりオカルトだったりするのだな。

ちょっと恐怖系じゃなくてスマソ。板違いだったかな。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

0 件のコメント:

コメントを投稿