地域別心霊カテゴリー

2012年10月26日金曜日

真っ白な猫


自分の体験じゃないけど。母に聞いた話。ちょっとありがちかも?

叔母が子供の頃、真っ白な猫を拾ってきて飼いだしたそうなんだけど、
飼い始めて数日で叔母が高熱を出してダウン。

医者に見せるも原因不明。

それが数日続いていたそうな。

熱に浮かされつつも、叔母が猫を恋しがったので部屋に猫を入れたら、

叔母のおなかの上に猫が乗り、おすわりをして、母・祖母・曾祖母が言うには

「顔がにや~っと笑ってニャーンと鳴いた」そうだ。

しかも、それ以降叔母のおなかの上から降りようとせず、丸くなるわけでもなく、座ったまま。

やっぱりニヤニヤしながらニャンニャン鳴いてたそう。

で、怖くなった祖父が思い余って猫をつかんで捨ててきた・・・ら、熱が下がったらしい。

祖父は犬を飼ってても野良猫を撫でに出かけるぬこスキーなので、よっぽど怖かったんだと思う。

捨ててきた件に関しては50年近く前のことなんでご容赦を。

ただまあ猫の姿をした別のものだったんじゃないかとは思ってる。


  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ