地域別心霊カテゴリー

2012年8月9日木曜日

コソの点火プラグ


コソの点火プラグとは、1961年2月13日にアメリカのカリフォルニア州オランチャから北東に10kmほど離れた、コソ山脈で発見された点火プラグのことである。

コソ加工物と呼称される場合が多い。

通常、この点火プラグがオーパーツとして紹介される際には、プラグを覆っていた石化した土を地質学者が鑑定を行ったところ、50万年前という鑑定結果が出されたと言われることが多い。

しかし2000年6月に懐疑主義団体「パシフィック・ノースウェスト・スケプティクス」のピエール・ストロンバーグとポール・ハインリッヒが発表したところによると、

アメリカ点火プラグコレクター協会の会長、同協会副会長、コレクター、点火プラグの私立博物館館長という、全米を代表する4人の点火プラグコレクターたちが「コソ加工物」のX線写真をもとに鑑定を行っており、

その結果「1920年代にアメリカのチャンピオン社によって造られた点火プラグに間違いない」という、メーカー名まで一致した鑑定結果が出されている。

ちなみに

「ある地質学者が鑑定を行ったところ50万年前という鑑定結果が出た」

という話については、

発見者の一人であるヴァージニア・マクシー(がそう言っているだけで、その地質学者が誰だか分からないなど、証拠となるものが何もなく、著しく信憑性に欠ける話である。

また、晶洞石(ジオード)の中から発見されたとされる場合もあるが、晶洞石の特徴とは全く異なっており、

「実際は点火プラグを核に泥の塊になっていただけだ」との指摘もある。

1963年に博物館で3ヶ月間展示されたり、「国際フォーティアン協会」による調査が行われたことはあるが、学術的な調査は一度もされていない。

スミソニアン博物館などがこれを引き取ることを検討していたが、所有者が

「2万5000ドル出さなければ手放さない」

と主張したため、施設に引き取られることはなかった。

なお、その後現物は行方不明となっており、写真しか現存していない。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ