地域別心霊カテゴリー

2012年8月7日火曜日

赤いクレヨン


ある夫婦が、かねてより夢であった一軒家を購入した。

中古物件ではあったが、ほとんど新築同然で、しかも破格値であったため、一も二もなく手に入れたものだった。

ある日、廊下に落ちている赤いクレヨンを見つける。夫婦には子供はなく、家に誰かが入って来た形跡もない。

その時は気に留めなかったが、同様の怪異が次々と起こるに至り、夫婦はこの家について調べ始める。

その結果、この家には、もうひとつ部屋があってしかるべき空間があることが判明する。 意を決した夫婦は、その「隠された部屋」周辺の壁紙を剥がす。

するとそこには、釘打ちされた扉があった。恐る恐るその扉を開けると、何も無い部屋が。

しかし、その部屋の壁一面は、びっしりと赤い文字で埋め尽されていた。

おかあさんごめんなさい!ここから出して!おかあさんごめんなさい!ここから出して!おかあさんごめんなさい!ここから出して!おかあさんごめんなさい!ここから出して!おかあさんごめんなさい!ここから出して!おかあさんごめんなさい!ここから出して!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ