地域別心霊カテゴリー

2012年8月6日月曜日

スクエア


ある山岳部の5人の学生達が雪山へ出かけた。

山に着いた当初は晴れていたものの、昼頃から雪が降り始め、夕方には猛吹雪となって学生達は遭難してしまった。

途中、5人のうち1人が落石で頭を割られ死亡し、仲間の1人が死んだ仲間を背負って歩いていた。

やがて4人は山小屋を見つけ、助かったとばかりに中に入るがそこは無人で暖房も壊れていた。

死んだ仲間を床に寝かせた4人は知恵を絞り、吹雪が止むまで凌ぐ方法を考え出した。

その方法とは、4人が部屋の四隅に1人ずつ座り、最初の1人が2人目の肩を叩く。

1人目は2人目が居た場所に座り、2人目は3人目の肩を叩く。

2人目は3人目がいた場所に座り、3人目は4人目の肩を叩く。4人目が1人目の肩を叩くことで一周し、それを繰り返すというもの。

四角い部屋を周ることから「スクエア」と名付けられた。

自分の番が来たら寝ずに済むし、次の仲間に回すという使命感で頑張れるという理由から考え出されたものだった。

この方法で学生達は何とか吹雪が止むまで持ちこたえ、無事に下山できたのだった。

しかし仲間の1人が、

「この方法だと1人目は2人目の場所へと移動しているので、4人目は2人分移動しないと1人目の肩を叩ける事は在り得ないため、4人では出来ない」と気付く。

話の結末としては、死んだ仲間が5人目として密かに加わり、仲間を助けた、というものである。

この「スクエア」は降霊術の一種として使われているという。


  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ