地域別心霊カテゴリー

2012年8月9日木曜日

ヴィマナ


ヴィマナとは、古代インド最古の古典「リグ・ヴェーダ」叙事詩『ラーマーヤナ』および叙事詩「マハーバーラタ」に登場する自在に空を飛ぶ乗り物のことである。

現代の航空機のようにさまざまな形式があり、

多くは叙事詩に登場する英雄たちによって戦争などに使用されている。

大気圏または、大気圏外への航行が可能な幾種類のヴィマナがあったとされ、

インドにおいてはこの故事からジェット機のことも「ヴィマナ」と呼んでいる。

最初にヴィマナの定義が書かれている。

それによるとヴィマナとは

「飛行術の専門家によれば、空中を国から国へ、島から島へ、世界から世界へ飛行して移動できる機械」

とされる。

次に、パイロットが精通していなければならない、ヴィマナの機能に関する32の“秘密”、

これらは機体の構造、離着陸と飛行の性能、操縦の方法の3種類に大別され、

どの装置をどう使えば能力を発揮できるかが説明されている。


  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ