地域別心霊カテゴリー

2012年8月7日火曜日

写真撮影


奇数人で写真を撮ると真ん中の人が透ける。

不幸になる、早死にする、とされる。

その原因として下記の解釈がなされる場合がある。

カメラが日本に伝来した頃に語られた「撮影されると魂が吸い取られる」といった噂が現代にまで継承されている。

写真を撮る際には年長者を真ん中に立たせるケースが多く、確率的に「対象者が先に死ぬ」場合が多かった。

旧式のカメラは、ピントが撮影範囲の中心に近づくほど合いにくく、中心がぼやけた事例や、昔の銀板写真は左右が反転して写るため、

出来上がり時に着物が右前に写るようにと撮影時には「死装束」である左前に着たケースなどから、写真撮影は元々日本では不吉なものと捉えられていたとの説もある。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ