地域別心霊カテゴリー

2012年8月17日金曜日

バールベックの巨石


レバノンの都市バールベックにはカエサルが作ったといわれる古代セム族の神殿の跡に作られたユピテル(ジュピター)神殿がある。

「バールベックの巨石」は、この神殿と、石切り場の中間程にある「南方の石」といわれている巨石です。

長さ4.3m、幅4.6m、長さ21.4m、重さ1200トン以上もある。

この巨石は加工されているが未使用のままで放置されており、どのように石切り場から移動させたか不明である。

計算上では、10万人の人の力で動かせると言われていますが、実際には引っ張る道具や人の配置などから移動は不可能だと言われています。

また、石切り場からはこの巨石を切り出した後が見つかっており、何らかの方法で移動させたことは事実である。

また、「バールベックの巨石」よりかは小さいが、600トン以上の巨石が3つ、神殿の土台として使われています。 バールベックの巨石よりかは小さいがその重さは600トン。

どのように運び、また、どのように土台の位置まで持ち上げたか謎のままである。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ