地域別心霊カテゴリー

2012年8月7日火曜日

デジャブ


一般的な既視感は、その体験を「よく知っている」という感覚だけでなく、

「確かに見た覚えがあるが、いつ、どこでのことか思い出せない」というような違和感を伴う場合が多い。

「過去の体験」は夢に属するものであると考えられるが、

多くの場合、既視感は「過去に実際に体験した」という確固たる感覚があり、夢や単なる物忘れとは異なる。

過去に同じ体験を夢で見たという記憶そのものを、体験と同時に作り上げる例も多く、その場合も確固たる感覚として夢を見たと感じるため、

たびたび予知夢と混同される事もあるが、実際にはそうした夢すら見ていない場合が多く、別の内容である場合も多い。

既視感は統合失調症の発病の初期や、側頭葉てんかんの症状として多く現れることがあるが、

健全な人に多発することも稀ではなく、一般的な感覚である。

一般大学生の72%が経験しているという調査結果もある。

過去の文学作品においても言及が見られ、近年現れ始めた現象ではないことを示している。

しかし、実験で既視感を再現することは非常に困難であるため、実験を通しての研究法は確立していない。


  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ