地域別心霊カテゴリー

2012年8月2日木曜日

暗い日曜日



曲調、歌詞ともに陰鬱さを醸し出した本作は「自殺ソング」として、またヨーロッパやアメリカでは「自殺の聖歌」として知られており、

歌詞の内容は暗い日曜日に女性が亡くなった恋人を想い嘆くというもので、最後は自殺を決意するという一節で終わる。

ハンガリーや世界中で本作を聴いて数百人(内、157名はハンガリー人とされている)が自殺したと言われているが、

この本作と自殺との因果関係は明確には証明されておらず、本作が原因とされる自殺の記録も明確には無い。

故に都市伝説ではないかとも言われている。

しかしながら、当時の自殺者の中に本作の関係を匂わせる形で自殺をした者が少なからずいると言われており、政府が放送禁止に指定したとも言われている。

また、朝日新聞の記事によると、ハンガリーで1983年に出版された本作と自殺との因果関係と調査した書籍(書名不詳)では、本作に関連した自殺は5人のみであり、

ハンガリー人が数百人が自殺したというのは誇張であると指摘している。

また、当時はナチス・ドイツによる軍事侵攻の危機が迫るなど自殺者が出てもおかしくない世相であったため、直接の原因ではないにせよ、

自殺を扱った本作が「引き金」になった可能性は示唆されている。

ただし、当時はまだポピュラー音楽がそれほど普及していなかったため、自殺しようとする者が残すメッセージとして手に取るものがこれしかなかっただけではないかと言う説もある。

イギリスでも反響は大きく、BBCでは放送禁止の曲に指定された。

ちなみに、本作のヒット後に作曲者の恋人が自殺、作曲者本人も自殺していると言われている。

理由は定かではないが、本作に対する世間の非難などの苦悩が少なくとも影響しているのではないかと言う説がある。

但し、作曲者本人の自殺は事実であるものの、作曲者を知る人物によると恋人の自殺は聞いたことはないとしている。

また、作曲者の実際の自殺の原因は、喉の病気があると思い込んでいた為である。

現在でも多くのアーティストによって唄われ、特に1936年のフランスで発表されたフランス語によるダミアの録音でシャンソンとして世界的に知られるようになった。

故にシャンソンの作品であると誤解されることが多い。

なお、ダミアは満88歳まで生きた長寿の生涯であった。

ダミアによるフランス語版は、セルジュ・ゲンスブールのアルバム『囚われ者』(1987年)などでカバーされた。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ