地域別心霊カテゴリー

2012年8月18日土曜日

ペルーの古代アンデスの頭蓋骨手術


紀元前3世紀頃のパラカス文化(→ナスカ文化)に行われた外科手術の跡とされる穴の空いた人間の頭蓋骨。

ただし、頭蓋骨の一部を取り除くことは他の文明圏でも見られる。

またこれらは、埋葬されたミイラ化による防腐処理された遺体のほとんど全てに見られたため、外科的な医療の痕跡ではなく、遺体の処置方法の一環である可能性がある。

その一方、インカ文明の集団墳墓では、頭骨骨折治療の痕跡と見られる治療痕(処置後の生存が確認できる穴周辺の骨の成長の跡が認められる)がみられるが、

同文明の存在した期間は13-16世紀であり、この双方の遺物に直接の文化的連続性はない。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ