地域別心霊カテゴリー

2012年7月21日土曜日

ディープインパクトの呪い


ディープインパクトが勝ったGI競走の2着馬は7頭いるが、

うち6頭(シックスセンス、インティライミ、アドマイヤジャパン、リンカーン、ナリタセンチュリー、ドリームパスポート)がそこから1年以内に故障を発症している。

このことは雑誌『AERA』の2006年10月2日号でも「ディープインパクトの呪い」として取り上げられた。

ちなみに、日本国内で唯一ディープインパクトに勝利したハーツクライも、上述の通り、翌年に喘鳴症を発症し引退に追い込まれている。

また、凱旋門賞でディープインパクトを破ったレイルリンクも翌年骨折、さらに腱を痛めて引退している。

唯一、健常な競走馬生活を送ったのはポップロックで、のちにアイルランドにレースの場を移して2010年(9歳)まで現役を続けたが、最後にはレース中に屈腱炎を発症して引退となり、

「ディープインパクトの(GI競走)2着馬は決してGIを勝つことができない」

というもう一つのジンクスについても打ち破ることは叶わなかった。

また、デビュー戦で2着に敗れたコンゴウリキシオーはその後重賞を勝っているものの、この馬もGI競走を勝つことはできなかったように、ディープインパクトが勝ったレースの2着馬も活躍こそできたがGI競走を勝つことはできていない。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ