地域別心霊カテゴリー

2012年6月15日金曜日

坪野鉱泉



建物は8階建てで、広さは3,300m²。魚津市の史跡である坪野城址跡の裏にある。

現在は廃墟となっており、2003年7月刊行の『最新 日本の心霊恐怖スポット100』に記載されており、2007年刊行の『ニッポンの廃墟』では北陸随一の肝試しスポットに挙げられている。

プールで男児が水死した、オーナーがボイラー室で首を吊ったなどと憶測でし
かない噂が流れていた。

しかし1996年に肝試し目的で出かけた女性2人が失踪する事件が発生している。

1996年(平成8年)5月5日に氷見市在住の女性2名が家族に「肝試しに行く」と告げて外出し、友人のポケットベルに「今魚津市にいる」とメッセージを送ったのを最後に行方が分からなくなるという事件が発生した。

富山県警察は、「肝試し」「魚津市にいる」というキーワードから、2人は魚津市にある廃墟となった坪野鉱泉旅館跡に出向き、その後失踪という結論に至り、事件・事故の両面から捜査を行った。

しかし事件から1年後である1997年(平成9年)5月4日時点で手がかりが何もないことが『読売新聞地方版・富山よみうり』にて、「少女不明から1年」と題して2日間に渡って地域ニュースの特集記事として報じられた。

紙面では更に、女性の片方が所有し失踪当時運転していた乗用車が発見されないことから、県警ヘリと山岳捜索隊を組織し、崖下など車が転落しそうな地点を捜索したが発見に至らず、当時の坪野鉱泉が暴走族のたまり場であったことから事件に巻き込まれた可能性もあるとしている。

また、記事中では、坪野鉱泉旅館跡地は週末になると石川県、新潟県、福井県、岐阜県など他県からの暴走族が集会に集まる場所となっていること、地元民から治安上不安な場所として不安視される声が出ていること、敷地内はガラスが割られ、落書きされ、立ち入り禁止を示すロープなどは切断されるなど危険な場所となっていること、などが紹介されている。

誘拐され海外に売り飛ばされた、北朝鮮に拉致されたなどと噂があるが、それ
もやはり憶測にすぎない。

あの宜保愛子もTV番組の企画で訪れた際、強い危険を感じて入らなかったとい
う逸話も残っているほどなのでヤバい場所には違いない。

ちなみに現所有者はそっち系の人だと言われており、中には盗聴器が仕掛けら
れており個人情報を口に出してしまうと危険だという話がある。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ