地域別心霊カテゴリー

2012年6月8日金曜日

マグロ漁船に乗せられる


マグロ漁従事者は高給なので、債権者が負債者を強制的に乗船させ働かせるという噂。

実際に従事する為には、遠洋マグロ漁船乗船資格を始めとする資格・免許の取得や知識・技術の習得(水産高校卒業資格など)が必要で、何ら資格や技術の無い素人を従事させることは法的に不可能である。

また最近では外国人労働者が従事する例が増え賃金が下がっており、債権回収の手段としては非現実・非効率的であると言えよう。

ただしこれらは債権者が法を遵守するという前提の話で、非合法手段で無資格者を従事させることはあり得る。

また非合法な回収手段として、生命保険をかけて海へ突き落とし殺害するという噂もあるが、現在に至るまで摘発例はない。

しかし船員法の上では船長に司法警察権や、出生や死亡の届出を受ける権限、遺体を水葬に付する権限などが与えられている。

しかし債権者が「マグロ漁船に乗せるぞ」と脅迫し逮捕されたり、実際に乗せようとしたが、旅券取得に失敗した為、未遂で逮捕された例はある。

また高利貸が債務者にこの仕事を斡旋した、という内容の報道は稀に見られる。

2003年2月25日の福島地方裁判所に於いては「マグロ漁船に乗せるぞ」と脅迫し逮捕された被告に対し、この発言は脅迫に当たらないとして無罪判決が下された。

漫画『マグロ一本釣り伝説 じょっぱれ瞬!』はこの話を基にしたと思われる内容。

またドラマ夜逃げ屋本舗にて、債務者がマグロ漁船に乗せられる寸前までいく描写がある。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ