地域別心霊カテゴリー

2012年6月20日水曜日

36球ファウル


一打席で36球ファウルを打った打者はアウトになる、というもの(地域によって33球とも30球とも)。

昭和後期にはかなり広まっていた説であり、野球ルールを扱った書籍の多くにも

「そんなルールはない」

と明記されていた。

試合進行の円滑化のためのローカルルールが広がったものとの説が有力。

日本のプロ野球で1人の打者が一打席で投手に投げさせた最多投球数(注:「一打席での最多ファウルの記録」ではない)の記録は19球であり、

実際に当ルールが適用される状況はほとんど起こり得ないと考えられる(1947年(昭和22年)11月11日、太陽ロビンスの松井信勝が記録(その際の投手は金星スターズの重松道雄)。

うちファウルは13球で最後は四球を選んだ)。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ