地域別心霊カテゴリー

2012年5月28日月曜日

焦げと発癌性

動物性たんぱく質の焦げた部分には発癌性物質が含まれている為、食べすぎると癌になってしまう、というもの。

魚類や肉類の加熱によってアミノ酸から生ずる発癌性物質として、ヘテロサイクリックアミンが同定されている。

しかし、摂取量との相関性については未詳である。

因果関係を実証するための研究が国立がんセンターで5年に渡り進められたが実証されず研究は中止され、魚の焦げた部分を食べると癌になるという説は都市伝説となった。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ