地域別心霊カテゴリー

2012年5月25日金曜日

骨髄移植の恐怖


骨髄移植のドナーは、ドリルで何百箇所も骨盤に穴を開けられるため、骨がボロボロになる、というもの。

脊椎に穴を開けられる、脊髄を傷つけられて下半身不随になるとされる場合や、「健康被害を受けた人は多額の金銭と引き替えに口止めされている」という派生系も存在する。

実際には骨髄液は骨盤から採取する為、脊髄を傷つけることはなく、ドリルではなく中空になった3 - 4ミリの針を使用する。

また針は2 - 4箇所程度に刺すのみである。

骨髄採取のための入院が予定より長引いたり、麻酔による合併症の可能性があることからの誤解と思われる。

麻酔事故による死亡例は2件確認されているが、それらは骨髄移植に限った話ではない。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ