地域別心霊カテゴリー

2011年2月28日月曜日

支笏湖

支笏湖は藻が多いので、昔支笏湖に身投げした人たちの死体は藻にからまって浮いてくることがなかったことから,後から入ってきた和人が『死骨湖』と呼んでいましたが、後に縁起が悪いとされ今の支笏湖となったそうです。

そして支笏湖恵庭岳の麓、ポロピナイキャンプ場から**温泉へ行く一本道の途中の雑木林の中に、二階建ての、今では廃墟と化した 無人ホテル (旧支笏湖プリンスホテル)が存在します。
この元ホテルは数十年前から廃墟で、建設時の事故で亡くなった人が幽霊となって現れるという噂や、経営難から主人夫妻の首吊り自殺という噂もあります。


有名な話では,「片目のセリカ」(ヘッドランプが片方切れているセリカが,
車の後ろにピッタリくっつき事故を起こすまでついてくる)や,「ツインカムじじい・ターボババァ」など...ここで心霊写真をとると,水面から数えきれないほどの手が写るなど,恐ろしいものが
撮れるそうです。


大きな地図で見る

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ